実写デビルマン、見返してみた

 現在、GYAOで実写デビルマンが無料公開されている。

 実写デビルマンは、邦画史に残るクソ映画として名高い作品で、やばい邦画があればなにかとデビルマンと比べられたりする。

 https://homogenizer.hatenablog.com/entry/2022/02/05/130305 

 上は、大怪獣の後始末が令和のデビルマンと呼ばれた時に書いた記事である。

 その時は、昔一度見た時のことを思い出して書いたのだが、今回無料ということで、友達に勧めてみようかと思いもう一度見返してみた。

 そして実際見てみると、思い出ほど悪くなかったように見えたので、具体的にイメージが改善されたところを書いてみようとおもう。

 

 まずは、主役の演技。案外記憶ほど悪くなかったと言うか、ところどころやばいシーンがあるだけで、他は周りの人と比べてあまり気にならない程度だと思う。

 周りが主役に引き摺られてやばくなってるのかもしれないが。

 ただ、戦闘シーンと「あーー」は本当にやばい。ミレーヌと戦っているシーンは、お互いに声に迫力が無さすぎてびっくりした。CGバトルは正当にカッコいいのに、声に気がなさすぎてそっちの印象が強かった。

 あと、染谷将太の演技が上手い。麒麟がくるで信長役をやったりした染谷さんが子役として出演しているが、多分デビルマンの中で一番演技が上手い。よくボブサップが一番演技が上手いとか言われているが、正直染谷さんの方が上手いと思う。二番目はボブサップ小林幸子

 やはり主役から遠ざかるほど演技はマシになっていくのだろうか。

 逆に、演技が地味にやばいなと思ったのが牛くん。(本当は牛久というらしいが、主役がずっと牛くんと言っているように聞こえる。一応意識すれば牛久とも聞こえる。)

 牛くんの演技は主役二人のような派手さは無いが、地味に棒感がよく出ていた。

 

 牛くんといえば、ジンメンに食べられて背中に顔が生えた時に、なんでアキラは牛くんの顔を殴ったのだろうか。

 友達だって言ってたけど、本当は昔いじめられてた牛くんのことが嫌いだったのだろうか。それとも、友達だから他の人の顔を殴るより罪悪感が少なかったのだろうか。そんぐらい許してくれるとでも思ったのだろうか。

 

 閑話休題

 

 最後の良いところは、世間が言うほどクソでは無いということだ。

 前半はネタとして楽しめるし、課題だった演技力もだんだん慣れてくる。なんなら後半は普通の駄目な映画になってネタ部分がなくなるため、見るのは前半だけでいいとも言える。

 田んぼのシーンまでで主なネタ要素は終わるため、そこまでを見れば感想を聞かれてもボロが出ないだろう。

 

 みなさんもぜひこの機会に見てみてはいかがだろうか。

 

リンク↓

https://gyao.yahoo.co.jp/title/デビルマン/62455c40-a6d5-40e3-a8fb-692cd6126cc9

 

 ちょいちょいグロいシーンがあるため、苦手な人は注意。

 

 

パワプロ2022発売!!!

しました。

 今回は、発売から3日経ったところの感想を各モードで述べようと思います。

 やってないモードもあるので悪しからず。

 

栄冠ナイン

 前作と比べて主な変更点は3つ。

 一つ目は、キャッチャーの捕球をあげないと、パスボールするようになったこと。これは、キャッチャーの捕球が重要になったのでいい調整だと思います。

 二つ目は、マネージャー関連のこと。顔がランダム生成になったほか、一から三年の誰をメインにするかを選べるようになりました。

 ただ、ランダムになったからか可愛い子が滅多に入ってこなくて、一から三年まで全員ブスみたいなのがザラです。

 三つ目は、試合中の表示の変更です。今までの高速試合と違って、打席で誰がどのような結果を出したのかが分かりやすくなりました。

 しかし、そのせいで試合のテンポが悪くなっているため、前に戻してほしい気持ちはあります。

 その他僕が感じたこととしては、難易度の上昇が挙げられます。パスボール増加のほか、守備や走塁のAIが良くなったりして、また魔物も弱体化したように思われます。

 神宮大会とか追加されたらしいけど、敵が強すぎてまだ行けてないです。

 あと、現在2年続けて同じ選手が入団するというバグがあるらしいです。

 

ペナント

 今作は投低打高のように思えます。

 というか、前作と同じ投打バランス5、打球飛ばない、球速速い、打撃以外めちゃつよにすると防御率一点代のやつが6人ぐらい出るのに、打率3割5分越えるのが5人とか出てきたので、もうどうすりゃいいのかわかんないです。

 二軍になった投手が帰ってこないバグもあるので、それの修正と一緒に調整してくれるのをお祈りですかね…あ

 ちなみにそのバグはcpuの設定で、成績の悪い選手を落とさなくすれば防げるんだとか。

 それと、今回はスカウトの調査力が重要になっています。総変化量17の新人がいて、そいつ取ったら実際は7ぐらいしかなかったので、調査力が低いとドラフトが成立しないレベルまであるのではないでしょうか。

 

マイライフ

 ファイル関連が変更されたのと連携練習の追加以外は、2020と大体同じ。

 ただ連携練習の上がり幅が少なすぎるので、奥居が全然成長しなくてすぐ二軍に落ちてしまい、しかも、奥居が二軍に落ちると連携練習が出来なくなるため、そうなったらもう本を送り続けてお祈りするしかない奥居見捨てゲーとなっています。

 

サクセス

 千将はやったけど、あまり中身があるように思えませんでした。

 まあ千将やっててもオールAは余裕だったので、強い選手を作りやすくなったのではないでしょうか。

 

 全体の総評として、アプデ入ったり、詳しい情報が出たりしたらもうちょっとマシになるんじゃないかな、と思います。全体的に進化してはいるんだけど、その分脇が甘くなっているという感じ。

 とりあえず、栄冠とペナントのバグが治るまでは応援曲でも作って待ってようかな。

タコピーの原罪 最終話の納得と違和感

 タコピーの原罪の最終話は、タコピーが命を賭して発生させたループによってしずかちゃんとまりなちゃんに記憶の引き継ぎが発生し、2人が仲良くなるというエンドでした。

 一見安直なハッピーエンドのように見えますが、2人はどちらも最終的にはタコピーのことを大切に思っていたわけだし、そのタコピーを燃料として発生したこのループでその記憶が蘇っても、ご都合主義と言えるほど不自然なものではないように思えます。

 でも、なんとなく拍子抜けな感じがしますよね。もっとやばいことになると思ったらそうでもないし、なんか軟着陸したな、という印象になります。

 同じことを僕は、鬼滅の刃進撃の巨人でも味わいました。

 陰鬱な作品の最終回がハッピーエンドだと、そうなるのは仕方ないと思います。

 鬼滅も進撃もたくさん人が死ぬ作品であったので、最終回前は全滅エンドも覚悟していました。

 しかし、どちらも割と生き残っていたため、完結の喜びよりも拍子抜け感の方が優っていました。

 タコピーの場合もそれと同じで、散々陰鬱な感じでやっていたのに最後は円満に終わったため、そうなるか?という違和感が発生してしまうのでしょう。

 このことは人間の心理上仕方ないのかもしれませんね。

 

 ここからは普通に違和感があったところ。

 通常の世界だとしずかちゃんに殺意さえ抱いていたまりなちゃんが、タコピーの落書きを見ただけで止まって最終的に仲良くなるのはおかしくねって思いました。

 あと、タコピーの原罪は結局まりなちゃんを殺したことと、人の話を聞かずにループを起こしたことでいいのかな?

 最終的にハッピーエンドになったから、タコピーの原罪によって被害が出た感があまりなかったため、原罪が結局何だったのかが不明瞭になった気がしました。

カラオケの変な映像3選(DAM)

 カラオケで流れる映像って、個性的なものが多くてついつい見ちゃいますよね。

 僕はカラオケに行くのが好きで割と頻繁に行っているため、見る頻度が人より多い気がします。

 そこで、今回は僕が見た映像の中で一際変だと思ったものを3つ紹介しようと思います。

 

1.モンゴル800『小さな恋のうた』

 一つ目は、モンゴル800さんの言わずと知れた名曲、小さな恋のうたです。

 この曲の映像は高校生の話で、いつも眼鏡をしている女子の眼鏡を男子が外して、お前眼鏡しない方が可愛いじゃ〜んみたいなものです。

 しかし、この女の子はどう見ても眼鏡をしていた方が可愛いです。

 五回ほど目にする機会はありましたが、何回見ても眼鏡をする前の方が可愛く見えます。

 これが僕の性癖によるものかどうかは、ぜひ自分の目で確かめてみてください。

 三分の一ぐらいの確率でこの映像が流れると思います。

 

2.ゆず『LOVE &PEACH

 二つ目はゆずさんの『LOVE &PEACH』です。

 原曲のPVはいろんな人がケツを振りまくるというこちらも変わったものなのですが、カラオケ映像の方は別ベクトルで変なものとなっています。

 主役となるのは初々しい恋人の2人で、互いに距離を縮めたいと思いつつもどうして良いか分からず、恋愛のハウツー本をこっそり読みながらイチャつくというものになっています。

 ここだけ聞くと微笑ましいもののように思えますが、実際に映像を見ると評価は変わると思います。

 この2人、顔面がそれほどよろしくないというか、いや決して不細工ではないのだけれどイチャついてるところを見たくはないレベルの顔面というか。

 そもそも他人がイチャイチャしてるところってあまり観たいものじゃないじゃないですか。

 イケメンや美女なら許せるけど、一般の方の場合は進んでみようとは思いませんよね。

 でも曲自体はかなり好きな方なので、歌うときは選べる背景映像の機能を使っています。

 大体犬か夜景を見てます。

 

3.米津玄師『ひまわり』

 3番目は米津玄師さんの『ひまわり』です。

 この曲の映像は、最初ひまわりの花畑が出て来ます。

 ここで、ああDAMの人はちゃんと曲に合った映像をセレクトしているんだなと思いますが、すぐにひまわりはフェードアウトします。

 それに変わって登場するのが中村獅童のそっくりさん。

 ここからは彼を中心に映し続け、ひまわりはもうほぼ出て来ません。

 しかもこいつ2番になったら突然脱ぐし、かと言って鍛え上げられた筋肉をしているかと言われたらそうでもないし、割と体白いしなんで脱いだの?と思うことでしょう。

 曲が終わる頃には中村獅童のそっくりさんのことで頭がいっぱいです。

 

 いかがだったでしょうか。これら以外にも変な映像は沢山あると思うので、是非探してみてください。

 

 追記

 先日LOVE &PEACHの映像を見返してみたところ、2人とも割と美男美女だったことを報告します。

 ただ、男の方のクネクネした仕草は普通にキモかったので、多分その印象が先行してどっちも不細工のように記憶が捻じ曲がったものと思われます。

 大変申し訳ございませんでした。

ワクチン三回目打ってきた

 前二回はモデルナ製でしたが、今回はファイザー製を打って来ました。

 副作用は前よりも全然軽いです。

 一回目二回目は、腕が上げられないほど痛くなったり高熱や関節痛などの症状がありましたが、今回は腕が少し痛むくらいで普通に行動できるレベルでした。

 強いて言えば打った日の夜から翌朝までは熱っぽい感じがしたくらいで、特に副作用と呼べるものは無かったように思えます。

 逆に今回モデルナを打つ人は副作用がきついかもしれませんね。

子供の時の引っ越しは単純に楽しい

今週のお題「引っ越し」

 

 引っ越しと聞いて、皆さんはなにを思うだろうか。

 荷解きの面倒さや新天地での人間関係、不慣れな場所で過ごすことになる憂鬱など、大人になるとマイナス方向に考えることが多い。

 でも、子供の頃の引っ越しは日常が崩れる一大イベントのような気がしてとても楽しかった。

 もちろん転校で友達と別れなきゃいけない悲しみもあったが、それよりも新しい家で過ごすことへのワクワクが勝っていた。

 

 ところで前の学校の友達って、転校したら全然連絡取らなくなるよね。

 女の子は取るらしいけど、男はなんか面倒臭くなったりして関係が途絶えたりするんだよね。

 それともそれは僕だけで、ほかの人たちは転校した後も友達だったりするんだろうか。

 

 とにかく、引っ越しには子供をワクワクさせる魅力があると思う。

 引っ越す前のガラガラになった見慣れた家や、引っ越した後の家というパーソナルスペースに何もものがないという異物感は、確かに子供の時の僕をワクワクさせた。

 今となってはマイナスのことを考えてしまうが、昔は引っ越しを純粋に楽しんでいたことが懐かしく感じる。

ドライアイには気をつけろ

今週のお題「試験の思い出」

 

 2月中旬、僕の大学受験に大きな障害が現れた。

 

 その日は僕の第一志望大学の、受験当日だった。

 朝、なんとなく目に違和感があったことは覚えている。

 その前の日に長時間勉強したため、初めは目が疲れているのかな、と思った。

 しかし、起きて瞬きを2、3回したすぐ後、僕の右目に激痛が走った。

 慌てて目薬を刺したが痛みは取れず、むしろ増すばかりで、左目を開けると右目も動いて痛むため視界の確保もできなかった。

 頑張って受験には行ったが、最初の教科が終わったあたりで痛みがひどくなり、最後まで受けるのは無理と判断して途中退室した。

 これが僕の試験の思い出だ。

 

 後から知ったことだが、この原因はドライアイであった。

 ドライアイにより目が乾燥して保護されなくなり、瞬きにより傷がついたのだろうと眼科の先生は言っていた。

 僕は集中すると瞬きが少なくなるクセがあるため、それがじわじわと僕の目を痛めつけていたのだろう。

 僕の場合は黒目を痛めたため行動不能になったが、白眼の場合は黒目の場合より痛くないため、最後まで受験できたのではないかと思うが、もう過ぎたことだ。

 

 これを踏まえて受験生にするアドバイスは、目を大切にしろ、だ。

 薬局に売ってる百何円の目薬でいいから、受験直前には頻繁に指すようにした方が良い。

 もちろんそのほかの病気にも気をつけて欲しい。

 特に痔は受験生みんななりやすいので注意するべきだ。

 恥ずかしがらずにすぐに肛門科に向かうことによって早期治療が見込めるため、尻が痛いなと思ったら早急に行くべきだ。

 大学受験における病気はそれまでの努力を一瞬で水の泡にしてしまうため、自己管理を徹底するのはとても大事なことである。